現場報告スタッフブログ

営業エリア

大阪府

大阪市、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、枚方市、豊中市、吹田市、摂津市、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、松原市、藤井寺市、柏原市、羽曳野市、堺市、大阪狭山市、富田林市、高石市、泉大津市、岸和田市

兵庫県

神戸市、宝塚市、西宮市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、三木市、小野市、三田市、加東市、ほか

特殊工事は近畿一圏広範囲対応します。

耐震補強

条件さえ合えば、耐震改修は
大阪府の補助金が受けれます!

≪補助内容≫

●木造住宅は、耐震診断に要する費用の90%以内とし、1戸につき4万5千円が限度額です。

≪注意点≫

●長屋、共同住宅は、建物全体での耐震診断が必要です。

●大阪市の交付決定を受ける前に契約を行った場合、補助を受けることができなくなります。

●昭和56年5月31日以前に建築された住宅が対象です。

我が家が気になる方は、まず耐震診断を!
診断費用が5万円の場合、自己負担は役5,000円!

≪補助対象となる住宅≫

●階数3以下の木造住宅

●耐震診断の結果、倒壊する可能性があると診断されたもの

●所有者の年間所得が1,200万以下であること

●昭和56年5月31日以前に建築された住宅

※その他詳細内容は当社スタッフが大阪府(大阪市)のパンフレットを持参でご説明に参ります。

診断の結果で、リフォームに併せて耐震改修工事を行うことをお勧めします
耐震写真

<金額>(例)6畳洋室 3部屋
2F 壁、天井解体、下地組、石膏ボード、クロス仕上げ

筋かいは耐震上大きな役割です。
古い建物では釘のみの固定も多くあり、リフォーム時いっしょに補強工事すると一挙両得です。


耐震写真

<金額>
木造6畳洋間

筋かいプレートを取付け、柱と土台、柱と梁を強靭に結束します。
2回の自重+地震力を支える1階の柱等が重要な役割です。


耐震写真

<金額>特殊

意匠上、柱を抜いた際の補強、このお宅専用で作製し、使用しました。
梁の受けを鉄骨で作りました。付近の柱と平行に土台まで鉄骨の柱を伸ばしています。


耐震写真

<金額>
ひび割れ補修
エポキシ糸ボンド注入

基礎にひび割れがあれば無筋基礎の可能性もあります。
土台等の蟻害も、極端に木材の強度を下げるのでご注意を!
換気口まわり、連絡口まわりは割れ易いので多少のヒビは大丈夫ですが太いヒビは調査した方が良いです。


耐震写真

基礎補強
既存部に穴をあけ、ボンド併用で鉄筋を差し込みます。
基礎の外側に新設基礎を増設します。


耐震写真 耐震写真

<金額>
補強総m数

配筋後、型枠設置の上、コンクリートを打設します。
柱と基礎を直接緊結する「ホールダウン金物」を併用するとより耐震に強くなります。


アイデア盛りだくさん、私が診断に伺います!

松本 正史

松本 正史 S52.12月生 出身:兵庫県西宮市

兵庫県知事認可 2級建築士(1級勉強中!)
大阪府知事認可 既存木造一般診断士
被災建築物応急危険度判定士

入社12年目 学生時代は野球部所属 超こだわり派

お客様と共に住まいについて悩み考え、一所懸命お手伝いさせて頂きます!